合唱団

音楽は小さい頃から、習わせるべきですね。
習うといっても、ピアノを習わせたいなら、小さい頃は別の楽器をやらせることをお勧めします。
というのは、小さい頃、楽器の習得で大切なのは、よい耳を作ることだからです。

 

別の楽器で、音感を習得させましょう。
更に、お勧めなのが、これは大変な親の作業なのですが、地元の市の教育委員会が主催している、少年少女合唱団に入団させることです。
この合唱団はピアノの音を上手に奏でるのに、大変役立ちます。

 

なぜなら、ピアノを習っていても、耳にする音は、自分のピアノ音か先生のピアノの音色です。
楽曲も限定的になってしまいます。
合唱団だと、ピアニストの先生が、幅広い曲を一流のピアノ演奏でご披露してくださいます。

 

どれだけ子供の耳はその幅広い音色、強弱、テンポを自然に覚えてしまうことでしょう。
同じピアノを習っていても、究極のところ、ピアノのタッチが重要になってくるのです。
個人的にそう思います。