落としにくいヒップの脂肪のダイエット方法

ダイエットをしようと思っても痩せやすい部位と痩せない部位があります。背中も脂肪を落としにくいのですが、ヒップの脂肪もなかなか手ごわいですね。
まず、少し太ったかなレベルであるとヒップというより脇腹あたりに脂肪がついてきます。そして、ヒップに関しては引き上げることでキュートになります。
そして太ももとヒップの境目をクッキリつけることでジーンズやパンツスタイルが格好良くはきこなせます。

しかし、ヒップのサイズってわからないから見た目だけになってしまいますよね。実は理想のヒップのサイズがありました、それは身長×0.53が身長にあった理想のヒップサイズだといいます。

ヒップのエクササイズは、うつぶせになって足を付け根からできるだけ高く上げて一番上で5秒静止します。それからさらに5センチを目標に上に小刻みに上げます。片方が終わったら、もう片方も同じようにして、これを1セットとして、10セット毎日すると、ヒップのたるんでいた脂肪が筋肉になってきます。
まず、サイズダウンする前に引き締まったヒップづくりを目指したいです。

そして歩くときは、ヒップを前に突き出すようにしてヒップと太ももの境目を意識して歩いてください。
これは普段の歩きもそうですが、全身ダイエットを兼ねてウォーキングする場合もキツイですがヒップを前に突き出すようにして歩くと、ヒップに力が入ります。
過激な運動をすると球技の選手のように太い筋肉になってしまうので、時間をかけてゆっくり脂肪を燃焼させることがポイントです。

そして、信号待ちや家事をしている時は、脚をクロスして立って、ヒップを前に突き出すようにしていくと骨盤が閉まるような感じがして、眼に見えてヒップが小さくなります。これは瞬間的なものなので、クセがつくくらい1日何回も行ってください。この運動は筋肉をつけるとともに骨盤を刺激するので骨盤ダイエットにつながるものがあります。これを続けることでヒップだけはなく太ももも細くなってきます。

none